音楽で心を癒やす!ミュージックアドバイザー資格情報まとめサイト

心の癒やしには音楽が役立つ

 

音楽は心のケアに役立つ

小川のせせらぎとか、波の音など、いわば自然がかなでる音楽を耳にすると、落ち着くなと感じたことはないでしょうか。

 

「音楽療法」とは

音楽を用いてリラックスさせて痛みを和らげるようにする方法です。

 

身体の機能

音楽が、血圧や心拍などの身体の機能に影響を及ぼすことがあるのです。

 

 

 

小川のせせらぎとか、波の音など、いわば自然がかなでる音楽を耳にすると、落ち着くなと感じたことはないでしょうか。音楽は心のケアに役立つと考えられています。「音楽療法」なる治療法も存在しているほどです。

 

妊娠中に赤ちゃんに適切な音楽を聴かせると、赤ちゃんに良い影響があると考えられていますが大人も例外ではありません。大人についても、音楽が効果をもたらすということが注目されています。

 

では、「音楽療法」とは具体的にはどのような治療方法なのでしょうか。
それは、音楽を聴いたり、実際に演奏したり、歌ったりすることより、不安やうつ状態を和らげるように努めたり、音楽を用いてリラックスさせて痛みを和らげるようにする方法です。うつ病、失語症、自閉症の治療に取り入れられたりしています。

 

音楽は、私たちの日常生活の心身の疲労回復にも役立つと考えられています。興味深いことに、テンポの良い音楽を聴くと血圧は上昇し、心臓の鼓動は早くなります。一方、穏やかでスローテンポな音楽を聴くと、心臓の鼓動はゆっくりとなり、筋肉の緊張が和らぎます。そして、疲労回復へとつながって行くのです。

 

このように、音楽が、血圧や心拍などの身体の機能に影響を及ぼすことがあるのです。
人がリラックスしている時の脳波としてはα(アルファ)波が流れていると考えられています。一方、日常生活のごく普通の状態、脳が活発に働いている時にはβ(ベータ)波が流れているとされています。

 

他にも怒っている時などはγ(ガンマ)波が流れていると考えられています。そこで、眠る時などには、脳が活発に働いている状態のβ波を、リラックスしている状態であるα波に変えて行くことが必要となります。そのために音楽が役立ちます。

 

また、疲労回復に役立つ音楽は、脳内のエンドルフィンという物質を増やす効果もあるとも言われています。この物質が分泌されると、気分が高揚します。このように、音楽は心身に良い影響を及ぼすことがあるのです。

 

音楽が心のケアに生かされる理由

 

音楽が心のケアに生かされる理由

「1/f(エフぶんのいち)ゆらぎ」を挙げることができます。

 

1/fゆらぎ

雨音や波の感覚や心臓音、そこには不規則にゆらぎがあると考えられており、その「不規則」なものと「規則」的なものが調和した状態が1/fゆらぎです。

 

心のケアに役立つと考えられている曲

モーツァルトの曲には、1/fゆらぎがしっかり含まれているようです。

 

 

音楽が心のケアに生かされる理由として、「1/f(エフぶんのいち)ゆらぎ」を挙げることができます。1/fゆらぎとは、スペクトル密度が周波数f(fは0より大きい有限な範囲をとるものとする)に反比例するゆらぎのことです。世の中にはたくさんの「ゆらぎ」があります。

 

雨音や波の感覚や心臓音、そこには不規則にゆらぎがあると考えられており、その「不規則」なものと「規則」的なものが調和した状態が1/fゆらぎです。私たちの日常生活の中にも、この1/fゆらぎに関係したものがたくさんあります。電車の揺れ、ろうそくの炎の揺れ方、小川のせせらぎの音、木目などです。

 

1/fゆらぎが関連した音は、ラジオの雑音とメトロノームの音の中間にあたるようなもので、規則正しさと不規則性の調和があり、心地よくさせる効果があります。そして、心のケアへとつながると考えられています。

 

心のケアに役立つと考えられている曲の一つにモーツァルトの音楽を挙げることができます。クラッシクには興味はないのだけれどと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、モーツァルトの曲には、1/fゆらぎがしっかり含まれているようです。そして、心身をリラックスさせ頭脳の働きを高める効果があると考えられています。

 

心のケアに役立つと考えられている別の曲として、「無重力」(weightless)という意味の「ウェイトレス」という曲があります。この曲はピアノだけでなく、ギター等も合わせた楽曲になっていて、モーツァルトの曲よりも、リラックスできる曲と考えられています。

 

過去に次のような実験が行われました。難しいパズルを40人もの女性の方に解いてもらって、ストレスレベルが高まったところで幾つかの音楽を聞いてもらいました。

 

すると、モーツァルトの曲よりも、ウェイトレスを聞いた被験者たちのストレスのレベルの方が低くなったそうです。安眠効果もあるようで、被験者の多くはウェイトレスを聞きながら眠くなってしまったようです。

 

色や音楽でもメンタルケアできる

 

現代はストレスに満ちた社会となっています。そのため、気分が落ち込みうつ状態になる方も少なくありません。

 

果たして色とか音楽でメンタルケアをすることは可能なのでしょうかはじめに、色について考えてみましょう。

 

色彩が人間の感情に影響を及ぼすと考える説も存在しています。例えば、その説には次のようなものがあります。赤色、黄色などの暖色系は、暖かさを感じさせます。青色、緑青などの寒色系は、冷たく感じさせます。こんな調査も行われたようです。

 

ある工場で女性の従業員の方が欠勤するケースが多かったようです。そこで、原因を調査したところ、その原因は工場の壁にありました。なんと、壁の色が灰色だったのが原因だったようです。

 

色の影響で、女性たちが鏡を見るたびに自分の顔が病人であるかのように映って見えたのです。病人のような顔ばかり鏡に映り、その顔を何度も眺めていたら、疲労とあいまって、「私、何だか調子が悪そう、明日は休んだ方がいいかも?」と感じてしまったのかもしれません。そこで、工場側が壁の色を変更します。

 

暖色系の色であるベージュ色に塗り替えたところ、欠勤が減ったそうです。このような色が及ぼす効果に注目し、メンタルケアに役立てようとする考え方もあります。

 

続いて音楽です。音楽が心身に良い影響を及ぼすことはこれまでも考えてきました。例えば、ある方がうつ状態に陥ったとしましょう。そのような時には、明るく元気のいい音楽を聴くと、逆効果になることがあります。

 

それよりも、疲れきった心に寄り添うような、静かで穏やかな音楽を用いるなら、リラックスできるでしょう。

 

音楽を聴いたり、実際に演奏したり、歌ったりすることより、不安やうつ状態を和らげるように努めたり、音楽を用いてリラックスさせて痛みを和らげるようにする「音楽療法」なるものも存在しています。

 

この音楽療法は病院や老人ホームなどで実施されています。

 

メンタルバランスを整えるスキルの身につけ方

 

メンタルバランスを整えると考えられているスキルは様々です。この点でスキルアップを目指して行くのは簡単なことではありません。

 

はじめに、普段さらされそうなストレスをあらかじめ想定してイメージトレーニングをしておくという方法があります。

 

例えば、ビジネスで遭遇しそうなストレスを感じる状況を思い浮かべ、そんな時にどうすべきかをあらかじめ考えておくなら役立つことでしょう。

 

自分の悪い所ばかりに注目していると、ストレスに負けてしまいメンタルのバランスは崩れがちです。それで、ストレスに負けないために、自分で自分を見つめて褒めてあげられるところや頑張ったことを日々書き出してみるのも良い方法です。

 

緊張状態が続いてしまうことによってもメンタルバランスが崩れる可能性があります。そこで、時には大きく息を吐くことによって、体の力を脱力させて筋肉が固くならないようにし、伸び伸びと振る舞うことができます。筋肉の緊張と脱力を行なうという方法もあります。

 

例えば、肩を思いっきり上げた後ストンと脱力する、背中やお腹、指などに力をいれ、脱力する、腕を曲げて力を入れた後にストンと下に伸ばして脱力するなどの方法です。緊張していると無意識に力が入り、その部分はなかなか脱力がなされないため、血流が滞ってしまうものです。そして、無意識のうちに疲労が蓄積し、腰痛や肩こりなどの症状が出てしまう可能性があります。

 

次のようなリラックス方法があるとも考えられています。それは、仕事の休憩時間を有効に活用する方法です。

 

緑豊かで木陰があるようなところなら、その木の良いイメージを取り込むような仕方で、もし、オフィスのような場所で緑がないならば、好きな絵の前で、その絵の良いイメージを取り込むような仕方で鼻からゆっくり息を吸い、口でゆっくり息を吐いてみます。

 

吐くときには、心のモヤモヤを一緒に吐き出してしまうようなイメージで吐いてみます。

 

小川のせせらぎとか、波の音など、いわば自然がかなでる音楽を耳にすると、落ち着くなと感じたことはないでしょうか。音楽は心のケアに役立つと考えられています。

要点を紹介するキャラクター

 

ストレスケアに役立つ資格ランキング

 

画像名を入力

メンタル心理ミュージックアドバイザーの特徴

メンタル心理ミュージックアドバイザー資格について認定するのは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)という機関です。

このメンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験は、人間を心の側面から学んで、身体に与える影響を考え、心身に対する音楽の作用を理解している方を認定する試験です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
メンタル心理ミュージックアドバイザーの総評
  • 人間を心の側面から学ぶ
  • 身体に与える影響を考える
  • 心身に対する音楽の作用を理解している方を認定
公式サイトへ

 

画像名を入力

音楽療法カウンセラーの特徴

音楽療法カウンセラーの資格について認定するのは、日本インストラクター技術協会という機関です。

音楽療法カウンセラーとは、音楽の歴史や効果などの様々な知識を取得して、音楽の役割や重要性を考え、空間における音楽の考え方、利用方法を身につけた方が認定される資格のことです。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
音楽療法カウンセラーの総評
  • 音楽の歴史や効果などの様々な知識
  • 音楽の役割や重要性を考え、空間における音楽の考え方
  • 利用方法を身につけた方が認定される資格
公式サイトへ
第1位:メンタル心理ミュージックアドバイザー

(https://www.domap.net/test/music/)
メンタル心理ミュージックアドバイザー資格について認定するのは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)という機関です。
このメンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験は、人間を心の側面から学んで、身体に与える影響を考え、心身に対する音楽の作用を理解している方を認定する試験です。

 

「諒設計アーキテクトラーニング」は、このメンタル心理ミュージックアドバイザー資格を取得するための通信講座を実施しています。自宅でメンタル心理ミュージックアドバイザー資格と日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する音楽療法カウンセラー資格を取得することが可能となっています。しかも、この講座は試験免除で資格が取れるのです。

 

第2位:音楽療法カウンセラー

(https://www.jpinstructor.org/shikaku/ongaku/)
音楽療法カウンセラーの資格について認定するのは、日本インストラクター技術協会という機関です。
音楽療法カウンセラーとは、音楽の歴史や効果などの様々な知識を取得して、音楽の役割や重要性を考え、空間における音楽の考え方、利用方法を身につけた方が認定される資格のことです。

 

認定試験では、例えば、音楽療法士の仕事、音楽療法の対象、音楽療法の目的、個人音楽療法と集団音楽療法、子どもの音楽療法、親の心のケア、統合失調症、神経症、心身症、高齢者の心理、リハビリテーションに関する知識が問われます。

 

資格取得後は、講師として活動することができます。通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、音楽セラピスト基本コース、プラチナコースが準備されており、音楽療法カウンセラー資格とメンタル心理ミュージックアドバイザー資格の2つの資格の取得を目指します。SARAスクールジャパンで使用する教材はすべて完全オリジナルで、初心者でもわかりやすい内容となっています。

 

SARAスクールジャパンの講座は「輝ける女性部門第1位」、「美しくなれる通信教育部門第1位」などにも選ばれたことがあります。こうした通信講座を活用する方が資格を早く取得できるかもしれません。わからないことがあれば、プロの指導者に個別質問ができるようにもなっているので安心です。

 

一番オススメなのは「メンタル心理ミュージックアドバイザー」

認定試験は在宅受験となっています
実務経験は一切不要
音楽を用いた治療法のアドバイス

「メンタル心理ミュージックアドバイザー資格」について認定するのは、日本メディカル心理セラピー協会という機関です。

 

メンタル心理ミュージックアドバイザー資格認定試験は在宅受験となっていますので、試験会場では緊張してしまう、本来の力が出し切れない、当日、体調が悪くなってしまったらどうしようなどと心配する必要はありません。落ち着いた環境の中で受験することができます。

 

受講料は10,000円(消費税込み)ですので高額ではありません。合格基準も過度に高くありません。70%以上の評価で合格できます。

 

受験資格も特にありませんので助かります。実務経験などが必要となりますと、取得までに時間がかかりますし、敷居が高くそれだけでもうその資格取得は無理と感じてしまうこともあるでしょう。でも、メンタル心理ミュージックアドバイザー資格の取得には実務経験は一切不要です。

 

メンタル心理ミュージックアドバイザーの認定試験の申し込みはインターネットで行います。偶数月の20〜25日が試験期間です。そして答案の提出はその月の終わり頃までに返送することになります。

 

認定試験では、例えば、音楽の聴き方、ヘッドホン、イヤホン、スピーカー、イライラしているとき、憂うつなとき、気分の調整、アルファ波、モーツァルト、モーツァルトの生い立ち、モーツァルト音楽研究に関連した知識が問われます。

 

「メンタル心理ミュージックアドバイザー資格」はなぜオススメなのでしょうか。この資格を取得することにより、カルチャースクールなどで講師活動ができる人として認定してもらうことができます。独立して開業するという道も開けるかもしれません。

 

医療や福祉関係の施設に音楽を用いた治療法のアドバイスを行なう機会も開かれるかもしれません。仕事で生かすだけでなく、家族や友人の相談に乗ってあげてアドバイスをすることもできるでしょう。

 

音楽資格講座はこちら

 

まとめ

例えば、カフェ経営などをしているお店では、お客様に心地良い気分でいていただくために、落ち着いた曲を流すことがあるかもしれません。

 

スポーツセンターのような場所では、思わず動きたくなるような快活な音楽を流すことがあるかもしれません。このように、音楽によって人の気分というものは変わるものです。

 

妊娠中に赤ちゃんに適切な音楽を聴かせると、赤ちゃんに良い影響があるなどとも考えられています。

 

音楽は心のケアに役立つと考えられており、音楽を聴いたり、実際に演奏したり、歌ったりすることより、不安やうつ状態を和らげるように努めたり、音楽を用いてリラックスさせて痛みを和らげるようにする「音楽療法」なるものも存在しているほどです。

 

音楽が心のケアに生かされる理由として、「1/f(エフぶんのいち)ゆらぎ」を挙げることができます。1/fゆらぎとは、スペクトル密度が周波数f(fは0より大きい有限な範囲をとるものとする)に反比例するゆらぎのことです。

 

世の中にはたくさんの「ゆらぎ」があります。雨音や波の感覚や心臓音、そこには不規則にゆらぎがあると考えられており、その「不規則」なものと「規則」的なものが調和した状態が1/fゆらぎです。

 

1/fゆらぎが関連した音は、ラジオの雑音とメトロノームの音の中間にあたるようなもので、規則正しさと不規則性の調和があり、心地よくさせる効果があります。そして、心のケアへとつながると考えられています。メンタルバランスを整えると考えられているスキルは様々ですが、スキルアップを目指して行くのは簡単なことではありません。

 

メンタルバランスを整えるのに役立つ資格として、メンタル心理ミュージックアドバイザー、音楽療法カウンセラーの資格を挙げることができます。とりわけ、メンタル心理ミュージックアドバイザーになることにはメリットがあります。カルチャースクールなどで講師活動ができる人として認定してもらうことができます。

 

独立して開業するという道も開けるかもしれません。この機会に、メンタル心理ミュージックアドバイザー資格について検討してみるのはいかがでしょうか。資格取得のための通信講座もありますので、活用してスムーズに勉強を進めることもできるでしょう。

更新履歴