音楽療法でできること

音楽療法とは

音楽には、大きな力があります。聴く音楽によって、わたしたちの気持ちは影響を受けます。リラックス効果や、コミュニケーション効果があります。ですから、音楽療法という、音の持つ様々な力を利用し、心身の障害を回復させたり、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに用いられている分野があるのです。

 

音楽には、生理的働き、つまり、音楽を通してリラックスしたり、興奮する状態をもたらす働きがあります。また、社会的働き、つまり、コミュニケーションの手段(言葉・表情・身振り・まなざし)を引き出す働き、人間関係の形成を促す働きがあります。さらに、心理的働き、つまり、ストレスや不安を軽減する働きがあります。

 

どのような現状か

日本において、音楽療法は病院・高齢者施設・児童施設などの医療、福祉、教育の分野で取り入れられています。ほかにも、メンタルヘルスケア、精神保健、健康維持などにも幅広く応用されています。身体・発達障が児(者)や、不登校や引きこもりの子ども、精神障がい者、認知症患者、終末期の患者など、子どもから高齢者まで対象者です。

 

運動機能を伸ばすのに効果的で、リズムに合わせてダンスをすると、運動機能が伸びていきます。手先の運動能力を向上させることもできます。また、自己表現力を高めたり、想像力を豊かにしていくこともできます。

 

「音楽療法カウンセラー」について

「音楽療法カウンセラー」とは、普段の生活の中で、自然と体験している音楽のもたらす力や影響について、基礎知識を学び、生活空間の中での音楽の役割や、重要性を考え、利用法を身につけた人のことです。音楽の歴史や効果といった、様々な知識を習得し、ライフスタイルの中で活かすことができます。

 

音楽に関する癒しに関して、音楽の力の原理、効果、癒しに適した音楽や実践的な音楽療法を学ぶことができます。音を利用した、癒しのプロになれます。自宅で、約2ヶ月ほどで資格を取得することが可能です。音楽の考え方、利用法に関して、様々な面でアドバイスすることができます。

 

まとめ

音楽療法は、様々な場面で広く用いられています。音楽の持つ力によって、運動能力を高めたり、想像力を豊かにしてくれる効果もあります。そのような音楽の様々な効果について学べる資格を取ってみませんか。

 

資格を取得した後は、自宅やカルチャースクールで講師として活動することもできます。「音楽療法カウンセラー」そ資格を活かして、活躍してみませんか。

関連ページ

ミュージックアドバイザーになるには
「ミュージックアドバイザー」という言葉を聞いたことはありますか。今、注目されている資格です。その名の通り、音楽に関することをアドバイスできる人のことを言います。音楽の好みというのは、人それぞれです。
マスターの趣味ではなく居心地が良くなる曲を選ぼう
カフェブームということもあり、個性的なお店もたくさんできてきました。マスターの趣味が前面に出ているカフェもあります。でも、お客の立場からしたら、どのような印象になるでしょうか。こだわりのあるお店はリスペクトできますが、あまりにも趣向が強いと、個性が合う人だけが通うお店になってしまうかもしれません。
カフェに向いている音楽を選ぼう
カフェやカフェバーの中には、生演奏が聴けるカフェもあります。楽器が置いてあったりして、とても雰囲気があります。そのような素敵なカフェで流れている音楽には、どのようなものがあるでしょうか。ほとんどの場合、アップテンポ音楽や、気が散るほどの音量で店内に流れているということはないでしょう。
カフェ経営者のスキルアップにピッタリの資格
カフェの経営を考えている方や、すでに経営をはじめている方もおられます。経営するなら、もちろん流行るカフェにしたいものです。どのようなことを取り入れたら人気になるでしょうか。流行っているカフェは、独特の雰囲気を持っているお店が多いように感じます。