ミュージックアドバイザーになるには

メンタル心理ミュージックアドバイザーとは

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」という言葉を聞いたことはありますか。今、注目されている資格です。その名の通り、音楽に関することをアドバイスできる人のことを言います。音楽の好みというのは、人それぞれです。アドバイスを必要としている人の状況や精神状態に合わせて、正しい音楽を選ぶことができる知識を持っています。

 

相手の好きな音楽、リズム、心が落ち着く音楽、リズム問題や悩みを聞き、くみ取るコミュニケーション能力が必要です。では、メンタル心理ミュージックアドバイザーになるには、どうしたら良いでしょうか。

 

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」になるには

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」になるには、資格を取得できる講座を受講することです。この講座では、生活において、音楽がもたらす様々な効果、音楽療法について学ぶことができます。さらに、音楽の原理・効果、癒しに適した音楽、実践的な音楽療法を学びます。普段の生活の中ですぐに活用でき、音の持つ力を体感しながら学んでいけます。

 

音楽の癒しの効果を最大限に引き出し、ストレスや過労などの問題改善、心身の健康維持を目指していきます。多面的に人間を考え、人間を深く理解します。音楽の活用方法を学び、音のプロとして癒しを演出できます。身近な音楽というアイテムを使って、実践的で、普段の生活にすぐ取り入れることができるメンタル療法です。

 

「音楽療法カウンセラー」になるには

「音楽療法カウンセラー」になるためには、やはり、講座を受講しましょう。この講座では、普段の生活の中で、自然と体験している音楽のもたらす力や影響について、基礎知識を学び、生活空間の中での音楽の役割や、重要性を考え、利用法を身につけることができます。音楽の歴史や効果といった、様々な知識を習得し、ライフスタイルの中で活かすことができます。

 

音楽に関する癒しに関して、音楽の力の原理、効果、癒しに適した音楽や実践的な音楽療法を学ぶことができます。音を利用した、癒しのプロになれます。自宅で、約2ヶ月ほどで資格を取得することが可能です。音楽の考え方、利用法に関して、様々な面でアドバイスすることができます。

 

まとめ

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」や、「音楽療法カウンセラー」といった資格があります。

 

資格を取得すると、医療機関(精神科・障がい児、障がい者福祉施設)、介護老人福祉施設(老人ホーム)、リハビリセンターなどで働くことができます。ぜひ、資格を取って、メンタル心理ミュージックアドバイザーとしての知識を必要な方に役立てていきましょう。

関連ページ

マスターの趣味ではなく居心地が良くなる曲を選ぼう
カフェブームということもあり、個性的なお店もたくさんできてきました。マスターの趣味が前面に出ているカフェもあります。でも、お客の立場からしたら、どのような印象になるでしょうか。こだわりのあるお店はリスペクトできますが、あまりにも趣向が強いと、個性が合う人だけが通うお店になってしまうかもしれません。
音楽療法でできること
音楽には、大きな力があります。聴く音楽によって、わたしたちの気持ちは影響を受けます。リラックス効果や、コミュニケーション効果があります。ですから、音楽療法という、音の持つ様々な力を利用し、心身の障害を回復させたり、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに用いられている分野があるのです。
カフェに向いている音楽を選ぼう
カフェやカフェバーの中には、生演奏が聴けるカフェもあります。楽器が置いてあったりして、とても雰囲気があります。そのような素敵なカフェで流れている音楽には、どのようなものがあるでしょうか。ほとんどの場合、アップテンポ音楽や、気が散るほどの音量で店内に流れているということはないでしょう。
カフェ経営者のスキルアップにピッタリの資格
カフェの経営を考えている方や、すでに経営をはじめている方もおられます。経営するなら、もちろん流行るカフェにしたいものです。どのようなことを取り入れたら人気になるでしょうか。流行っているカフェは、独特の雰囲気を持っているお店が多いように感じます。